浄化槽について1 からの続きです。

 

浄化槽について 2

 

4:水をきれいにするバクテリア

20140209102611

浄化槽は、本体に入った汚水や雑排水を処理するため、バクテリアに処理させています。処理するといっても、100%きれいになる訳でもなく、それは法令上ここまできれいになれば、放流してもよかろう。 と、 BOD 20mg/lという基準を設けています。

環境省令で定める基準:BOD20mg/L以下及びBOD除去率90%以上】

基準はこのように決められていますが、一般の方はこのような数字が実際自分の浄化槽で出ているのか、調べようもないですので維持管理業者にまかせましょう。

 

5:ブロアー

20140209105659

バクテリアは生物ですので、酸素がなければ生きていけません。そこでブロアーという機械を別に設置して浄化槽とつなげます。

ブロアーとは、酸素を送る機械です。 小さなコンプレッサーだと思って下さい。 このコンプレッサーは浄化槽の処理能力別にラインナップされており、なんでもいい という訳にはいきません。 個人で購入される方はご注意を。

 

意外に盲点ですが、ブロアーは電気がないと動きませんので、適切な場所に外部コンセントがないといけません。 ブロアーがあればいいや。 という感じで、遠い場所(コンセントがある場所)に設置すると、配管にかかる配管抵抗(圧力損失)が大きくなり、規定量の空気が浄化槽に送れなくなります。

 

20140209110255

 

また、ブロアーは周りの空気を圧縮して浄化槽に送り込みます。その空気をフィルターを通してブロアーに取り込みます。

上部のふたの止めビスをドライバーで戻せば、ふたがはずれフィルターが見えますので、覚えておいても損はないと思います。

 

 

6:臭気管(臭突)

20140209112733浄化槽から、上に向かって煙突みたいに立ちあがっている配管がある場合があります。臭突管と呼ばれるものです。

最近はあまり見なくなりましたが、単独浄化槽をお使いのお宅様でまだあります。

 

 

臭突管は浄化槽内の異臭を外の影響がないところに排出する管です。

合併浄化槽本体でも接続口はありますが、最近は浄化槽の能力も上がり配管するか否かは、現場状況に寄るのが多いと思います。

※ネットでみるに、臭突管と通気管を混同しているサイトが多いですが、これらは全く別物ですのでご注意を。 臭突管=異臭を逃がす 通気管=排水の流れを阻害しない措置。

 

続きます。