間違った材料を使うとこうなります。水漏れ

スポンサー




埋設している水道管が錆びることは許されません

錆びにくい青銅製継手を使っているように見えますが。

青銅継手漏水による錆び青銅継手 漏水錆び

 

上の写真は、水道管の漏水修理した際に、ようやく見つけた、漏水箇所です。

築30年のお宅です。

そもそも、使用されるべき埋設する水道管の材料は、各自治体で統一されていません。
おおよそ、塩ビ管と、ポリエチレン管に大別されますが、今回はポリエチレン管です。

漏水リスクの観点から申し上げれば、塩ビ管(VP管)の方が、はるかに高いです。
材料費が安いのはメリットですが、継手とパイプの接続が接着材による接着なので、効果が切れればバンと抜けやすくなります。
ただ、錆びに関しては、金属より数段もちます。

ポリエチレン管(左)と塩ビ管(右)

水道用ポリエチレン管 塩ビ管 VP管

ポリエチレン管にかんして、

管自体は錆びることはありません。 また足したり分岐する際に使用する継手材(水道用ポリエチレン金属継手)も青銅材の継手を使用すれば錆びから防止することができます。

本当に永久に錆びないのか。いう話ですと、どちらかというと錆びるということになりますが、50年スパンでのことで、非常に錆びにくいので、費用対効果の面で役所でも承認されています。
青銅は別名 《砲金》といわれるもので、銅と錫(すず)その他微量を含む新合金で、10円玉とほぼ同じ成分です。

それなのに? 錆びている??

 

胴体だけ錆びている

 

漏水箇所をみると、ナット部分よりも、胴体に錆びが盛大に盛り上がっていますので、除去してみます。

ポリエチレン金属継手と黄銅継手

これぼど、はっきりとわかる状態は珍しい。

↓通常分岐する際は、T継手を使いますが。 正規のポリエチレン金属継手です。

ポリエチレン金属継手鋼管継手?

 

どうやら、鋼管継手のようなT継手にオスジョイント継手を3つねじ込んだようです。

この鋼管継手のようなT継手。  よーーーく見ると、白継手でもなし、黒継手でもなし、ましてやステンレスでもありませんで、でも銅が入っているような色をしています。

これは、黄銅製継手です。

黄銅製継手とは、青銅の銅+スズの合金と違い、銅と亜鉛の合金で、ほぼ5円玉と同じ成分。

トイレ部材や、排水部材など水道の材料に使います。 ですがメーカー指導もあります。埋設はできません。 錆びるのが早いんです。

 

用途外使用は、やはりダメ。

今まで、

【 黄銅継手材は埋設禁止 】

と、認識はしていて その通り施工してきましたが、《埋設したらこうなりました》的なデータなり画像なり見たことがなかったので、今回はとても勉強になりました。

施工上の状況で、時間がなかったり、材料がなかったりで、ついごまかしがちですが、必ず後から問題が出てくる。 痛感しました。




よろずプランマ- 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ 工事の依頼はお気軽にどうぞ。
五所川原市大字持子沢字笠野前287-10173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はマークをクリック