温水セントラルヒーティング メリット

温水セントラルヒーティング 善し悪しに関してさてここから本題です。  これから、導入しようかなと思っている方はよーーく読んで下さい。まずメリットからです。

 

①家全体が暖まり、快適に暮らせる。

⇒⇒⇒最大のメリットです。 特に、お年寄りにはバツグンの環境です。

 

②ヒートショックの心配がない。

⇒⇒⇒脱衣所など裸になる場所が寒いと、急激な温度変化で(温度低下で)血圧が急激に上昇。さらにお風呂に入って今度は急激に血圧が低下。 この血圧の乱高下によっておこる、ヒートショックを防ぎます。(推定死亡者数 年間1万人)

 

③安全性が高い。

⇒⇒⇒ストーブなどを使わないため火災の心配も少ない。また、特に小さなお子さんに対しては、やけどの心配も少ない。

 

④部屋の空気を汚さない。

⇒⇒⇒同じようにストーブを使わないので排気ガスが放出しない。

 

 

温水セントラルヒーティング デメリット

逆にデメリットです。(経験上の指摘)

 

①初期投資が高い。

⇒⇒⇒ボイラーなどの熱源機・放熱器・それらをつなぐ配管・ポンプ等のシステムが必要で高額になる。

 

②家の温度が一度下がりきると逆になかなか暖まらない

⇒⇒⇒24時間運転が条件のため、旅行等で不在時温度が下がり切ってしまうと、立ち上がり が遅いため、すぐには暖まらない。

 

③低温やけどの可能性がある。

⇒⇒⇒パネルヒーター等の放熱器に長時間接触していると、低温やけどする。 床暖房等が一番危険性がある。

 

④断熱性のない住宅には不向き。

⇒⇒⇒断熱性は低い住宅だと熱が屋外に逃げて、不経済になる。 なので、中古住宅の部分的なリフォームでの使用はおススメしない。

 

⑤さらなる設備が必要になる。

⇒⇒⇒セントラルヒーティングは、高気密高断熱住宅での使用が最適ですが、暖房を使う冬は窓を開けて換気しにくくなるため、結露がひどくなる。 よって、結露防止のため換気設備が別途必要になる。(法令で24時間換気が義務づけられているが、安価な単なる排気専用換気扇だとせっかく温めた熱も一緒に排気してしまうため、熱交換器換気扇等の高価な高性能換気扇が必要になる)

 

⑥最低5年ごとのメンテナンスが必要。しかも、最低4~5万円。最大40~50万円。

⇒⇒⇒不凍液の全交換は5年ごと。 ボイラーは15年で交換。 ポンプは種類によって2年ごとのメカニカルシール交換。 10年で内部インペラ(羽)摩耗のため交換。 配管付属品は5年ごと交換。 などなどメンテナンス費用が高価。

 

⑦燃料の価格に左右されやすい。⇒⇒⇒あくまで標準ですが、1か月で490Lのホームタンクが空になる。12月~4月まで5カ月間2500リットル。80円/Lでは、20万円。 85円/Lでは21万強。

 

 

大まかに言ってこんな感じでしょうか。

それでも、やはりセントラルヒーティングがいいなぁ~ と思われる方は次へどうぞ。

⇒〉温水セントラルヒーティングの善し悪し③へ